リスニング・発音 英単語

英語の発音記号の覚え方をマスターしよう!母音と子音別に徹底解説!

投稿日:

英語は文法力を鍛えても、1つ1つの英単語の発音が正しくないと、ネイティブには全く会話が通用しません。例えば、海外でコーヒーを注文したら、コーラが出てきたなんて話もよく聞きますが、コレは『発音の悪さ』が原因で起きてしまう事なんです。

ですから、ネイティブにも通じるスピーキング力を身に着けるには、発音記号を正しくマスターする必要があります。英和辞典にも発音記号が書かれていますが、発音記号を見て、どのように発音すれば良いのか分からなければ意味がありませんよね。

そこで、今回の記事では、母音と子音別に、【正しい発音記号の読み方と覚え方】を解説します。

 

英語には日本語に存在しない発音がある

実は、英語も日本語と同様に、『あいうえお』を表す母音と、その他の発音をする子音に分かれています。

ですが、英語のややこしいところが、同じ母音であったとしても、前後の英字の組み合わせによって発音が異なるため、発音記号も複数種類になるんですね。

【例】

日本語の「あ」を表す英語の発音記号

「æ」「ɑ」「ʌ」「ə」「ɔː」

※「ɔː」は「お」にあたりますが、発音をする際に気持ち「あ」に近い発音をします。

 

そして、私たち日本人が必ず覚えておかなければならないのが、英語には『日本語に存在しない発音』があるということです。

日本語に慣れている私たちが耳だけで英語を覚えようとすると、英語をカタカナに変換したり、日本語の発音に当てはめようとするため、間違った発音で覚えてしまう人が多いんです。

スポンサーリンク

ad336

正しい発音は、耳ではなく、舌や唇の動きが重要!

発音記号を見て、正しい発音を身に着けるには、まずは頭や耳で覚えるのではなく、舌や唇の動きを覚える事が重要です。

実は、英語には声に出して発音していないのに、微かな舌の動きで発音したことになっている英単語というものが数多く存在するため、耳だけで覚えようとしても限界が生じます。

ネイティブの口の動きを見るとよく分かるのですが、英語では日本語を話す時には絶対にしない『舌の動き』や『唇の動き』をしているので、発音記号を覚える際は、『舌の動き』や『唇の動き』を意識しながら覚えるようにしましょう。

 

母音の発音記号の全て

発音記号には、アルファベットには存在しない記号が存在しますが、それぞれの発音記号でどのように発音をすれば良いかをまとめてご説明します。

→ 英語の発音記号:日本語で「あ」と発する発音記号のすべて

→ 英語の発音記号:日本語の「い」と聞こえる発音記号のすべて

→ 英語の発音記号:日本語の「う・え・お」と聞こえる発音記号のすべて

 

ad336

ad336

-リスニング・発音, 英単語

Copyright© 英語ステップ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.